FC2ブログ

中高生へ「大人になるって」

大人になるって、どういうことなんだろうね?
法律上では20歳になったら大人って扱いになるけど
そういうもんじゃないのは、みんなが分かっていることです。

私が子供の頃に考えていた「大人」とは
ぼやぁ~っとしたことだけれど「分別があり道徳観念がしっかりしていること」みたいな感じでした。
もちろんそれは今思い返して言葉にしたことで、その頃は単なるイメージだけ。
「しっかりしたまえキミ」みたいな言葉が似合う人?
「タバコのポイ捨てはダメ」とか?
いつでも落ち着いていて、的確な言動が取れる人みたいな。

じゃ、今自分は間もなく50歳に手が届きそうで
「大人」というよりも「初老」の域に(涙)達しているけれど、どうよ?と自問すると
「いやーとても胸を張って大人になったとは言えないっス」という感じです(笑)
中学生くらいの頃の自分を思い出してみて
「大して変わっちゃいねェーなー」と自嘲したくなるほどです。
多分ね、多分なんだけど、ほとんどの人がそうなんじゃないかな?と思う
対外的にはオトナのフリをしたりしているけれど、根っこにはガキの部分が残っていて
でも、色んな意味での「成長」はしていて、それが「大人」になったことなのかな?と問うと
いやーまだまだっスと思う人が多いのではないかという気がします。

よく「大人になんかなりたくねぇーよ!!」とか
逆に「早く大人になりたい」みたいなセリフがありますが
心配しなくても、成長しようとする気持ちを持っていれば
人は勝手に大人に向かっていきますし
大人になりたくなくても20歳を過ぎれば、勝手に世間は大人と見なしちゃいます。
要は、自分自身で気持ちだけでも子供のままでいたいと思っていればいつまでも子供だし
「自分は大人である」と自覚を持って、それに沿って行動していれば、立派な大人です。
どっちが良いとか悪いとかの話ではなく、気持ちですね。
両方持ち合わせているのが私は理想だと思うし
純真でもあるしイタズラでもある子供の心と
物事を疑うことも自制心を持つことも出来る大人の行動力を持つ人になれればいいかなと思います。

子供の頃に抱く気持ち「こういう気持ちって大人になってもあるのかな?」ってヤツ
大丈夫です。ほとんどあると思います。
例えば
異性を好きになる(ドキドキする)気持ち。
友達に嫉妬する気持ち。
人を憎む気持ち。
大人(年長者)をウザいと思う気持ち。
マンガを読んで面白いと思う気持ち。
オバケを怖いと思う気持ち。
スケベな心。
大音量で音楽を聴きたい。
いつまでも友達や仲間とバカやっていたい。
お菓子が好き♪
etc...
私(わたくしと読んで)48歳ですが、ぜーーーーーーーんぶ今でもあります。

おそらく、TVなんかで、したり顔で小難しいことを喋っているあの人や
悪さをするとすぐに叱りつけるキミの両親や学校の先生
あこがれのミュージシャンやアーティスト
日本の未来を語る政治家のセンセイなどなど
趣味や好き嫌いの違いはあるかもしれませんが、たぶん私と同じです。
子供の頃と同じ気持ちはずーっと持っていると思います。

ただ、子供の頃と違う点は、長く生きている分、多くの経験を積んで来ていることです。
基本的な考え方が変わるわけではなく、引き出しが増えることだけだと思います。
それだけの違いです。
だから、経験を積んで下さい。
良いも悪いも自分の経験から判断出来るようになって下さい。

今、日本の国は大変な状態にあります。
キミ達よりちょっとだけ早く生まれた私達のせいで
もしかしたら、大変な負の遺産をキミ達に残すかもしれません。
それもこれも、きっと原子力という私達には経験のなかったエネルギーに対して
良いか悪いかの判断がキチッと出来なかったせいかもしれません。
いや、分かっていた大人もいたし原子力で酷い目にあった人々もいました。
でも、ほとんどの大人(みたいな人)達は、もしかしたらヤバイのかな?と思いながらも
バブルだー、消費だー、おっぺけぺーだーとウカれて見て見ぬ振りをしてきてしまいました。

そのあげくがこのザマです。

せっかく、キミ達もこんなに美しい海や自然と四季に囲まれた島国の日本に生まれてきたのに
台無しにしてしまうかもしれません。
どんなに謝っても謝りきれることではありませんが
どうか、この経験をしっかりと瞼に焼き付けて
二度と同じ過ちを犯さないよう、自分自身の経験値から来る意思で判断して下さい。

キミ達もウソをつく事があると思いますが、実は大人もウソつきが多いんです。
そして、そのウソは時には国を滅ぼす場合もあることを覚えておいて下さい。
ウソを見抜く目と心を鍛えて下さい。
次の次の世代のためにも。
スポンサーサイト



DEEP PURPLE

PURPLE.jpg

たぶん
ROCKをやってる人でパープルを知らない人はいないでしょ?
まさか、リッチー・ブラックモアのギタープレーを耳にしたことがない人はいないでしょ?
ってくらいのビッグネームなわけですが
ご多分に漏れず、私もハマリまくりました
若い頃(笑)

いわゆるハードロックってーヤツになるんですけど
ギタリストであり、実質的なサウンドリーダーであるリッチーが
もとはクラッシックギターから入ってるから
そのフレーズはとても耳に馴染みやすいのが多い
レインボーになってから「アイサレンダー」というアルバムを出していますが
そのラストの曲はダイレクトにも
ベートーベンの第九ですから(笑)

で、私が好きなのは第2期の
V:イアン・ギラン
G:リッチー・ブラックモア
B:ロジャー・グローバー
K:ジョン・ロード
D:イアン・ペイス

まっ、一般的にパープルっつーとこの時期の曲が代表的なのになる
実際↑の「DEEPEST PURPLE」に収録されているのも
12曲中10曲が第2期

「SMOKE ON THE WATER」とか
「HIGHWAY STAR」なんつー曲は
たぶん、パープルを知らなくても耳にしたことがあると思う
で、このパープルを代表する2曲が入ってるのが
MACHINE HEAD
MACHINE.jpg

まぁどこのご家庭でも40~50代で音楽好きのパパママがいる家にはどっかしらに一枚はあるアルバムです
間違いありません。
探してみてください。
また、ロックのライブアルバムとしては最高傑作と言われている「LIVE IN JAPAN」も
このMACHINE HEADからの曲が中心となったライブで
このライブアルバムも屋根裏や倉庫とか床下なんぞ覗くと出てくるから
機会があったらぜひ合わせて探してみて下さい。
LIVE.jpg


でね、そんなこたーどーでもいいんですが
私が言いたいのは
なぜ、DEEPEST PURPLEには「LAZY」が入ってないんだ?ってこと
これこそ名曲中の名曲ですぜ?
「SPACE TRUKIN'」入れるくらいだったら「LAZY」でしょ?
あのキョンキョンもカバーした「赤ずきんちゃんご用心」のバンド「レイジー」は
この曲からバンド名をつけたんだぜ?
そりゃ高崎クンも怒るっちゅー話しだ

リッチーの軽快なギター
ジョン・ロードの鬼のようなキーボード
イアン・ペイスの走るようなドラム
それにぴったりと併走するかのようなロジャーのベース
そして、最初抑えつつも後半になると吼えるイアンのボーカル

なんつーかね、神だね
バンドの神

あれだけ個性の強いメンバーで
個々の良いところをばっちりと出しつつ
ちょっと聴いただけだとバラバラっぽく聞こえるけど
実はビシッとまとまった演奏

神です

こう言っちゃナニですが
Smoke On The WaterやHighway Starももちろん名曲だけど
どっちかっつーとストレートな曲でしょ?
まぁだからこそ、今でも名曲として色んなバンドがカバーしたり
ギター少年がとりあえずコピっとけってやるんだろーけど
両方とも素直な曲だと私は思うんですよ

でもね、LAZYは違うの
なんつーかね、よくわかんないんだけど
物語みたいなの
良質なストーリー仕立ての音楽って感じ?
プロローグがあって本編があってエピローグがあるみたいな?
いや、確かにどんな曲もイントロがあってサビがあってエンディングがあるけど
そーいうのとは違うの
うまく言えないけど、とにかく違うの

フェードインで入るキーボードがプロローグで
イントロにあたるリッチーのギターソロが第一章で
ジョン・ロードのキーボードが第二章
転調してからのイアンのボーカルが第三章
イアンが吹くブルースハーブの間奏が第四章
でもってエンディングに向けて盛り上がるイアンのボーカルが第五章
で、再びリッチーのギターソロが入ってエンディングかと思いきや
まるでどんでん返しのような、最後のリッチーのブルージーなフレーズ
すげーです
何度も言うけど神です

まぁそういったドラマチックって意味だと「CHILD IN TIME」なんて曲も
10分を越しつつも飽きさせない構成でかなりのもんですが
とりあえず、今はなぜにDEEPEST PURPLELAZYを入れないんだ?って話しだし
CHILD IN TIMEは入ってるから深く追求するのはやめましょう

で、LAZY
一見とっつきにくい曲なんだけど
はまるとこれほどはまる曲はないと思う
まるで、ゴーヤのような?
まるで、ラム肉のような?
まるで、芋焼酎のような?(笑)

「まぁいいから飲んでみろ」って感じ?

ということでお馴染みYOUTUBEです♪

↓はスタジオ録音のヤツ



↓こっちは私もVHS(笑)で持ってますが
MACHINE HEADが発売される直前だか直後だかのLIVE演奏
ホント貴重な映像なはずなんだけど、なんせカメラワークが酷くて
見ててストレスが堪るんですよね~
自分の手でモニターの画面を移動させたくなるくらいで
せっかくリッチーが神ギターを披露しているのに
どーーーーーーーーでもいいイアンの「フンフンフン♪」って顔を映していたりして
きっと、撮影しているカメラマンも曲の構成とか知らずに撮ってたんじゃないかな?って感じですわ
しかも、リッチーの自己陶酔なアドリブっぷりが(毎度のことではあるけど)半端じゃなくて
安心して聴いて(見て)られないので、あんまオススメではありません。


tag : LAZY DEEP PURPLE MACHINE HEAD

2011年4月5日午前5時40分頃の太陽

IMG_6866.jpg
気合いを感じます。
沖に停泊している船から「日焼け止めプリーーーーーズ」との叫び声が聞こえてくるかのようです。

そんな船さんにはUPF50+のラッシュガードをオススメします。
479-1.jpg
462-1.jpg

紫外線に脅える船さえくるんでしまえるほどのストレッチの効いたラッシュ
お一ついかがですか?

メンズはこちらから

レディースはこちらから

(注)いくらなんでも船はくるめません


義援金SALE収支報告

3月19日から始めさせて頂きました店頭販売による義援金SALE
当初は4月3日までの予定でしたが、当面の間継続することにしましたので
これからも、ご協力を宜しくお願いします。

中間報告
現金販売の25%の義援金は今現在113083円となり
その全額はすでに日本赤十字社に送金済みです。

収支明細は↓よりご確認頂けます。
http://www.venice-style.com/gienkin.html

また、レジ前に設置しました義援金バケツは
小銭のお釣りを全部や千円札を惜しげもなく入れてくださるお客様もいらして
総額4733円となりました。

そして、義援ストラップは15個お求め頂きましたので、3750円となり
義援バケツとストラップで合計8483円を先ほど寄付させて頂きました。

2011-4-4-2.gif

本当にありがとうございます。

VENICE

節電について

東電管轄内は今、福島の原発が原因で電気の需給バランスが崩れちゃったから
計画停電をやったりやんなかったりしつつ、節電を呼びかけています。
ウチでも店頭のネオンを点けなかったり、普段使用していないコンセントを抜いたりして節電していますが
考えてみると、電気って作り置きが出来ないんですよね。
つまり、必要な分だけを発電してオンタイムで供給しているわけで
今日作った電気が余ったからって明日使うってわけにはいかない。

今、YAHOOのトップページに表示されている「東京電力の電力使用状況」というのを見たら
使用率78%になっていました。
ということは、22%の余力があるってことですね。
22%の余力って結構な量のような気がします。

電力のピークって、朝の9時前後と夜の7時前後だそうです。
ま、今日は日曜だし比較的気温も高いからエアコンの稼働率も低くて今の時間(午後6時すぎ)に22%の余力があるのかもしれませんが
行き過ぎた節電は活力とかも削ぐような気がします。
飲屋街の灯りがしょぼいんじゃ飲みに行く気にもなりませんよね?
電気屋さんで、ディスプレーのTVとか軒並み消えてたら、購買意欲もどん引きしそうだし
我々洋服屋だって、店内の灯りを抑えたりスポットを消したりしたら商品の魅力も半減します。

ピーク時の節電は今はきっと必要かつ重要なんでしょうが、それ以外の時間帯はほどほどにした方が
間違いなく日本の為になると思います。
節電節電自粛自粛で経済を停滞させたら、被災地の復興費用にも影響を与え
そしてその財源を捻出するために増税ということになります。

すでに復興税の案が出ているし、消費税の増税も秒読みです。
ただでさえ、不況全開だったのが今度の震災で消費停滞を招き
さらに自粛ムードで各種イベントの中止やら旅行の中止などによって「遊び系」の事業所は危機感たっぷりです。
これで増税なんてことになったら、とどめを刺すようなもんです。
節電も結構ですが、自分の首を絞めることになりかねませんので
ピーク時以外の節電は控えめにしませんか?


いやー、何だかこういった真面目な文章って苦手です。
今読み返してみても、文章にリズム感とかがないもんね。
オチがあればいいってもんじゃないけど、どうにもこうにもテンションが上がりません。

朝日

4月2日午前5時40分頃の朝日
IMG_6862.jpg

今日も一日、頑張る日本を照らしてくれ
IMG_6864.jpg


プロフィール

VENICE

Author:VENICE
VENICE社長のブログへようこそ♪

VENICEのサイトへ

人気blogランキングへ







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク