FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆への誘客

今を遡る事24年前に白浜の海の家的な店から

下田の商店街

伊東のアーケード内

伊東のオレンジビーチ前で2軒(内1軒は飲食店→子供服→飲食店→子供服→倉庫兼配送センター 笑)

そして沼津で1軒と
そのほとんどを潰しちゃって、今現在はオレンジビーチ前の、営業は1軒のみと
伊豆の中でビルド&スクラップを繰り返しながら転々と、また、じたばたとしてきたVENICEですが
伊豆への誘客という観点から思った事を綴ってみたいと思います。

ま、VENICEは観光客がメインのお店ではないし、今ではすっかりNETショップがメインとなり
普段は実店舗もやっているんだかどうだか分からないような状態ですが(笑
オレンジビーチの目の前ということもあり、夏場はそりゃ沢山の人が訪れてくれます。
でも、ウチがこの場所にOPENした1995年当時と比べると、海水浴客も減っているし
来てくれるお客さんの買い方も大きく変わっています。
以前は海パンなどの水着関係やビーサンなども、飛ぶように売れたもんですが
今じゃ夏になっても、鳥がニワトリになったかのように飛んでくれません。
時々羽をバタつかせてフワリと浮く程度です(笑

でもね、例えば20年前の夏の水着の売上を100とした場合、今店頭での販売は10以下ですが
NET通販は200以上です。
事業所単体としての売上だけで言うと、当時の伊東店よりも今の方が比較にならないくらい売れています。
それだけNETで買うお客さんが増えているということです。

また、以前の海水浴客の行動としては、行き当たりばったりも多かったと思うんです。
○とりあえず伊豆の海に行こう!
1,泊まる所は?行ってから考えればいいじゃん(探したり調べるのが面倒)
2,水着や浮き輪は?現地で買えばいいじゃん(買いにいくのが面倒)
3,伊豆に行ったら魚が喰いたいよね?地元の人に訊くのが一番
こんな感じ?

でも、今では1,2,3すべてNETで済みます。
PCだったら座ったまんま、スマホやタブレットに至っては横になったりトイレで踏ん張ったまんまでも
予約から商品購入、情報までが手に入ります。
つまり以前と比べて劇的に準備がしやすくなったという事ですね。

そして、1,3はNETで探しても伊豆の中で消費されますが
2に関しては日本中です。
いや、極端な事を言えば世界中です。
だから、我々の商売はNETを絡めないことには立ち行かなくなりました。

では、1と3に関してはどうでしょうか?
NETを使おうがどうしようが伊豆というパイの中での競争ですので
来遊客が増えれば、NETを絡めなくてもイケるかもしれません。
でも、その来遊客は増えるどころか年々減ってきていると感じています。

どうして減ってきているのか?
やっぱり、ここにもNETが関わってきていて
従来だったら「伊豆」というブランドがあるから安心して来られましたし
過去に来ていて、特に問題がなければ「また伊豆でいいんじゃない?」という気になれましたが
今はお客さんの得られる情報量が以前と比較にならないくらいに増えていて
例えば「伊東に行くならハ ト ヤ 電話はよいーふろ」と情報の発信源がTVメインのサブミナルのように「伊豆は良い所」的なイメージを以前は擦り込むことが出来ましたが
今はNETで自分から情報を探しますから、こっちがいくら発信しても薄れちゃうんですね
選択肢が増えているわけですから、車で2〜3時間のリゾートとかとなると
そりゃもう・・・

というところで「都心から車で2時間」で検索してみたところ
驚いたことに伊豆があまり出てきません。。。
GOOGLE検索のトップは「東京から車で2~3時間 おすすめの場所 - 教えて!goo」でしたが
「自然を満喫出来る」という伊豆としてはもってこいの条件なのに
この中では一人として伊豆を勧めていません。
何ででしょう?
良い所いっぱいあるのに。

アレかな?
「伊豆」って当たり前すぎて勧める側からしてみるとつまらないんでしょうかね?

どこかお勧めのテーマパークを教えてと言われてディズニーランドって答える的な。
でも、ディズニーランドは寂れませんよね

あー、変化とか発見か
ディズニーランドは常に変化しているし、新しいアトラクションや発見があったりして楽しめる。
あれだけの誘客に成功している所でも常に何かしらの進化をしているから、何度も足を運ぶんでしょうね。
それとやっぱり情報か。
隠れミッキーだとかディズニーの都市伝説だとか誰かが何かしら発信したりしてる。
もしかしたら元々は日本の運営元オリエンタルランドの仕掛けかもしれないけれど
ついつい興味を惹いてしまうような情報が溢れている。

これをそのまんま伊豆に当てはめることは出来ませんが
変化と発信はやっぱ重要ですよね
考えてみると伊豆全体で言うと大きな変化ってないような気がする。
良く言えば、いつでも安定して自然と温泉に触れられ、新鮮で美味しい料理を堪能出来る。
悪く言えば、代わり映えしない。

ホントは「こんなところもあったんだ」とか「こんなことも出来るんだ」とかもあると思うのですが
発信しなければ分かりませんもんね。

Facebookの中に伊豆のコミュニティーがあり、その中で多くの方が伊豆のイベント等を発信しています。
https://www.facebook.com/IzuJapan

また、同じFacebook内にて、招待された方のみ参加出来る伊豆のグループがあり
そのグループを牽引してくださっている方が情報発信の大切さや重要さを訴えていて
その説に非常に共感させて頂きました。

伊豆で生まれ、伊豆のお客様に育まれ、じたばたしながらも何とかここまで来られたVENICEですので
我々も伊豆の発展には微力ながらも参加させて欲しい想いで書きました。

最近ではまったく更新しておらず、アクセスしてくれる方もほとんどいなくなってしまった当ブログですが
更新しない分、記事が流れることもありません(笑

これを読んで頂けましたら、ぜひ伊豆のコミュニティーをご覧頂き
興味のある記事などがありましたらイイネやシェアして頂ければ幸いです。

最後にもう一度
伊豆コミュ
https://www.facebook.com/IzuJapan


ついでに営業(笑
VENICEのFacebook
https://www.facebook.com/pages/Venice-Store/232142080201528

プライベート丸出しの個人ページ
VENICE代表のFacebook
https://www.facebook.com/takimasa.asakura
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VENICE

Author:VENICE
VENICE社長のブログへようこそ♪

VENICEのサイトへ

人気blogランキングへ







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。