FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜き(笑)

今日は特に書くこともないので
以前、キッズのメール登録頂いてる方にご覧頂いてるページに書いたネタをお送りします♪

読んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんが
そこは一つよしなに^^


【3つの願い】

一郎と二郎と三郎が海で遭難し、無人島に漂着した。
3人は島から容易には脱出出来そうにないことに気づき
仕方なく生きていくのに必要な物を揃えようと
3人各自で島内を探索しに行った。

3人はそれぞれ食べられそうな植物や狩りに使えそうな道具などを持ち寄った。
その中の長男の一郎が拾ってきた古ぼけたランプの埃を吹き飛ばそうと
ふぅーと息をかけたら飛び散った埃が鼻に入り
一郎が大きくくしゃみをした
「はーくしょんっ!
 へーくしょいっ!
 ぶわぁーーーーっくしょんっ!」

その瞬間、ランプから煙りが出てきたと思ったら
怪しげな衣装に身を包んだ大きな男が調子良さげな声で
「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん♪」と言いながら現れた

「だ、誰?」
「るる」
「るる?」

「そ、るる




くしゃみ3回るる参上っ!

 

「・・・・」

「あんま面白くなかった?
 まっいいや
 ところで、こういうパターンの場合は普通3つの願いでしょ?
 ってことで、お前達の願い事を一人一つだけ叶えてやろうと思うんだけど、どう?」
「どう?って、そりゃホントに願い事を叶えてもらえるなら願ったり叶ったりだけど・・・」
「変な言い回しだ・・・
 それじゃまるで『私の趣味は食事を食べる事』みたいでしょ?
 まっいいや
 とりあえず、こうやって呼ばれた以上その願ったり叶ったりをしてあげるけど条件がある。
 さっきも言ったように一人一つの願いで、同じ願いは許さない。
 同じ事を言ったら、今度はこの魔法のランプの中にお前らを閉じこめるから」
「分かった、じゃ、オレから」と一郎が
「家に帰りたいっ!」と言った瞬間、一郎は家までびゅーんと飛んで行った。

二郎も家に帰りたかったが同じ事は言えないのでちょっと考えてから
「家の風呂に入りたいっ!」と。
すると、びゅーんと二郎は家の風呂まで飛んで行った。

最後に残された三郎ももちろん家に帰りたかったがどう言えばいいか考えた末に
「一郎兄さんと二郎兄さんに会いたいっ!」
と三郎がそう言った瞬間びゅーんと





一郎と二郎が戻ってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VENICE

Author:VENICE
VENICE社長のブログへようこそ♪

VENICEのサイトへ

人気blogランキングへ







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。