FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバクロの偽物

しかし、最近になってまた偽物が氾濫してきましたね~
netで色々と見て行くと、その巧妙というか反則というか
一部は本物だけど一部は偽物みたいなサイトもあったりします。
例えば、Tシャツだけしか販売していないサイトとかで
定価:10800円→3900円なんつーのは
いかにも偽物丸出しって感じですが
スエットやらパンツやら香水まで販売していて
現行のアパレルまで定価:○○円→××円なんつって下げているけど
香水は値段を下げてなかったりして
その香水の値段がモノホンっぽい値段だから
他も本物かも?なんて思っちゃいそうですが
現行のモデルをびっくりするほど安くするなんてありえませんから

某サイトはこの手口なんですけど
香水はアメリカの小売り価格から考えて妥当な値段なんですね?
でも、例えばポロシャツなんて現行のデザインなのに
アメリカの小売価格より安いんですよ?
どういうことかというと、香水をコピるのは
香りを作るだけでも大変なのに
さらに瓶、箱などもコピらなければなりませんから
コスト的にもあわないのですが
その点、服は簡単ですからね

ちなみにアバクロの商品というのには卸価格というのはありません
本物のアバクロ商品を扱っている日本のショップというのは
すべてアバクロのショップでアメリカの小売価格で仕入れているのです
そして、それに関税、シッピング、細かいことを言えば
渡航費用やら宿泊費やらレンタカー代などが加わるわけです
なのに、アメリカの小売価格より安く売るってありえないでしょ?
慈善事業じゃーないんですから(笑)

まねまね、中にはアバクロの店員と仲良くなって
アメリカの州税くらいは安くしてもらってるケースもあるかもしれません
でも、これバレるとクビになっちゃうわけで
よっぽどじゃないと、無理だと思いますし
その程度じゃ下げられたところでたかが知れてます。

そして、今アバクロは一回あたりのショッピング点数を20点までと制限していて
レジが20点を超えると入力できなくなるんです。
まぁショップによっては、分けて清算してくれるところもありますが
多くは「20点までしか販売できないから」といってせっかくチョイスしても
それを超えた分は削られます。

つまり、同じ商品を大量に仕入れること自体、困難なわけです。
まぁ多くの人員を使って仕入れるという方法もあるし
あっちこっちのショップで20点ずつ集めるという方法もありますが
人員を使うのは人件費が、あっちこっちで集めるのは手間がかかり
どちらもコストという面から考えても安売りには繋がらないでしょ?

例えばGAP
日本の小売価格はアメリカの小売価格の1.5倍程度のはずです。
50ドルで販売されているものは、8~9千円くらいになるということですね。
直営でもこれだけ値段が変わるのにはインポートにつきものの
関税、シッピングコスト、その他もろもろが必要だってことです
それなのに赤の他人ショップがそんなに安く売れるわきゃーないでしょ?ってことです。

NETで安く買えたと喜ぶのもいいのですが
まず、それが本物かどうかということを考えた方がいいと思いますよ^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VENICE

Author:VENICE
VENICE社長のブログへようこそ♪

VENICEのサイトへ

人気blogランキングへ







最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。